イイダ靴下株式会社

イイダ靴下株式会社は人の肌のぬくもりを感じる製品づくりを進めています。

HOME SITEMAP お問い合せ
製品について
製品づくり
品質管理
研究開発
製品づくり
一貫体制で信頼される製品づくり
デザイン、編み立てから最終検針、出荷まで一連の工程は、お客さまに「安心・安全」「快適」をお届けするために、
徹底した品質管理体制のもと行われます。作業データをコンピュータで一括管理し、作業の円滑化を図っています。
 
佐賀工場
高い技術と最新の設備で美と健康を追求
長年培った技術と最新設備で、美と健康をテーマにした製品づくりをしています。
また、消費者ニーズの多様化に応えて、多品種少ロット生産等にも対応。
国内生産ならではの高機能・高品質にこだわり、特色のある製品づくりを進めています。
着圧ソックス生産用の最新鋭機、
イタリア・ロナティ社製の編み機が
ズラリと並ぶ工場内のメインライン。

工場全体では月、約60万足が生産
されています。

空調設備
製品を作っている原糸は、温度や湿度によって伸縮するデリケートなもの。
工場内には大規模な空調設備を設置し、工場内の温度と湿度を常に一定に保っています。
 
PCによる生産管理
コンピュータで生産管理。進行状況や作業状況、納品状況も一人ひとりのパソコン上で把握できます。
ISOによるマニュアル管理
独自で開発した数多くの特許をはじめ、 ISO9001:2008の品質マネジメントシス テムなどの各種認証を取得。徹底した 情報管理をもとに技術、設備、環境に 世界レベルの基準で取り組んでいます。
生産体制
デザイン
柄や編み方のデータをコンピュータに入力。それがベースとなって製品が出てきます。
編み立て
靴下、インナー製造の中心となる工程。常時編み機の状況をチェックして、品質の均一化を図っています。
先縫い
編みあがった靴下を検査し、つま先部分を縫いつけるロッソ作業を行います。
染 色
オーダー色に合わせて染料調合を行い、色ムラが出ないように細心の注意を払い染色機を稼動させます。
 
セット
寸法や形をキレイに整えるために、製品に応じた型板・温度・圧力・時間・寸法でセットをします。
縫 製
タイツ等の製品はレッグ部分とパンティ部分の縫製をし、その後縫った箇所の検査をします。
装 飾
一品づつ目視検査しながら装飾します。
検針工程
出荷前に必ず検針機を使用して、折れた編み針などが入っていないか1点1点入念にチェックします。
出荷
アイテムによっては省略
| HOME | 企業情報 | 製品について | 事業案内 | 製品紹介 | 採用情報 | お問い合わせ | サイトマップ |
Copyright (c) COPYRIGHT IIDA HOSIERY CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
ナ !